本棚

本や映画の情報サイト

プラダを着た悪魔 - 私の人生に影響を与えた映画 vol.0091

 

【投稿者】

30代 女性

【人生に影響を与えた理由】

働くことに悩んでいた時期に見ました。主人公が出会う人々や取り巻く環境が度合は違えど、当時の私に似ていました。言われたことだけでは満足されない、認められないことへのくやしさや不満でいっぱいで辞めてしまおうかと考えていた時に「オシャレそう」というだけの理由でこの映画を見ました。最初は「なんて上司なの!?」と思って見ていましたがめげない主人公と徹底的に仕事をする上司の姿勢に自分の弱さと甘さを突きつけられました。見てからは「私はまだあんなにかっこ悪くも、かっこ良くもない」と思って認められるまで頑張ろうと思えました。

 

【内容】

大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった! それは一流ファッション誌“RUNWAY""のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった! ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上「センス、ゼロ!!」と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされる。この会社で、このままでいいの? 私って、本当は何をしたいんだっけ?

 

広告を非表示にする