本棚

本や映画の情報サイト

海賊と呼ばれた男 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0064

 

30代 女性

 

素直に地道にコツコツと丁寧にできる事を一生懸命にやる。私も仕事をしていて、仕事に対する考え方が変わりました。戦争を体験していない私たち世代には想像もつかない状況の中でどうやってその時を乗り越えてきたかは、並大抵の精神と努力ではなかったかと思います。ただ仕事をやらされているだけだった私も、この本を読んでから、まず仕事がある事に感謝し、与えられている仕事を誠心誠意全うする。そして、できる仕事は率先してする。モチベーションが変わりました。

 

すべてのビジネスマンに捧ぐ。 本屋大賞の話題作、早くも文庫化! ページをめくるごとに、溢れる涙。これはただの経済歴史小説ではない。 一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐡造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。 石油は庶民の暮らしに明かりを灯し、国すらも動かす。 「第二の敗戦」を目前に、日本人の強さと誇りを示した男。

 

広告を非表示にする