読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

うつ病で半年間寝たきりだった僕が、pc一台で世界を自由に飛び回るようになった話:阪口裕樹 - 思わず旅に出たくなる本 vol.0063

【思わず旅に出たくなる本】 阪口裕樹「うつ病で半年間寝たきりだった僕が、pc一台で世界を自由に飛び回るようになった話」 うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話 posted with ヨメレバ 阪口裕樹 朝日新聞出版 201…

空白の五マイル:角幡唯介 - 思わず旅に出たくなる本 vol.0049

【思わず旅に出たくなる本】 角幡唯介「空白の五マイル」 空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む posted with ヨメレバ 角幡 唯介 集英社 2010-11-17 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 第8回開高健ノンフィクション賞受賞作! チベ…

しかし豊富な語彙を持ち、その中の微妙なニュアンスを汲んで言葉を選ぶ感受性は、翻訳の上では英語の語学力と同じくらい、あるいはそれ以上に大切な要素だと思う - 本で出会った素敵な言葉 vol.0160

【投稿者】 40代 女性 【本で出会った素敵な言葉・好きな一節・感動した一文】 しかし豊富な語彙を持ち、その中の微妙なニュアンスを汲んで言葉を選ぶ感受性は、翻訳の上では英語の語学力と同じくらい、あるいはそれ以上に大切な要素だと思う。 季節や自然、…

荒野へ:ジョン・クラカワー - 思わず旅に出たくなる本 vol.0005

【思わず旅に出たくなる本】 ジョン・クラカワー「荒野へ」 荒野へ (集英社文庫) posted with ヨメレバ ジョン クラカワー 集英社 2007-03 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo アラスカの荒野にひとり足を踏み入れた青年。そして四か月後、うち捨てられた…

怠惰は一見魅力的に見えますが、ほんとに満足を与えてくれるのは、働くことなのです - 本で出会った素敵な言葉 vol.0115

【投稿者】 30代 女性 【本で出会った素敵な言葉・好きな一節・感動した一文】 もしも幸福を勝ち取ろうとするなら、勤勉に働き、正しい行いをし、ギャンブルにふけったりすることがあってはなりません。怠惰は一見魅力的に見えますが、ほんとに満足を与えて…

五体不満足:乙武洋匡 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0123

【投稿者】 20代 男性 【人生に影響を与えた理由】 小学生の頃男児平均より体重があり太っていて、それに伴いいろいろな場面で恥ずかしいと思うことがあり、次第に学校へ行くのが嫌になっていたが、父の知り合いから誕生日プレゼントでこの本を貰い、読んで…

マザー・テレサ:やなぎや けいこ - 私の人生に影響を与えた本 vol.0118

【投稿者】 30代 女性 【人生に影響を与えた理由】 小学生の時に図書室で読んだこの本は、慈悲深く、万人に平等に愛を注ぐということを教えてくれました。 何度も何度も借りては読んでを繰り返した本です。 人生において、自分中心で物事を考えそうになった…

深愛:水樹奈々 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0100

【投稿者】 20代 女性 【人生に影響を与えた理由】 『深愛』は、初めて水樹奈々さんのライブに行った、そのすぐあとに購入した本です。 水樹さんの優れた歌唱力と、圧倒的なライブパフォーマンスに衝撃を受けた私は、 水樹さんの人柄に興味を持ち、自伝だと…

女子高生コンクリート結め殺人事件:佐瀬稔 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0091

【投稿者】 20代 女性 【人生に影響を与えた理由】 悲惨な事件を加害者家族からの視点で追っている作品です。事件の全貌を細かく記述している部分が多く、ショックなことも多いですが、事件の加害者家族の視点から出版している作品はとても少ないので、貴重…

安全は一番「危険」な落とし穴だ! - 本で出会った素敵な言葉 vol.00027

【投稿者】 20代 男性 【本で出会った素敵な言葉・好きな一節・感動した一文】 安全は一番「危険」な落とし穴だ! 【タイトル・著者】 ウォルター・アイザックソン「スティーブ・ジョブズ」 ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1 posted with ヨメレバ …

下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ - 本で出会った素敵な言葉 vol.0002

【投稿者】 40代 女性 【本で出会った素敵な言葉・好きな一節・感動した一文】 下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。 You’ll never find a rainbow if you’re looking down. 【タイトル・著者】 チャールズ・チャップリン「チャップリン自伝」 …

モリー先生との火曜日:ミッチ・アルボム - 私の人生に影響を与えた本 vol.0071

【投稿者】 30代 女性 【感想】 この本を読んだのは、人生に疲れていた時でした。ちょうど長くお付き合いしていた人と別れ、癌で親しい友人をなくし、仕事もうまくいかず、色々な事が重なり、無気力になっていました。その時に友人からこの本が答えをくれる…

聖の青春:大崎善生 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0056

【投稿者】 20代 女性 【感想】 ピアノでドイツ留学をしていた叔母にもらった本でした。バレエをしていたわたしは、ただただバレエが好きだった時期を過ぎ、現実的に将来を考えるときを迎え、このままバレエを続けていて良いのだろうかと考え始めていました…

奇跡のリンゴ:石川 拓治 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0048

【投稿者】 20代 男性 【感想】 「バカになればいい」この言葉が作品中にでてきます。この本に出合う前は自分という存在がぼやけた感じで、生きているといる実感があまりありませんでした。毎日同じことの繰り返し、こんな人生になんの意味があるんだろう、…

“I t”(それ)と呼ばれた子:デイヴ・ペルザー - 私の人生に影響を与えた本 vol.0043

【投稿者】 20代 女性 【感想】 児童虐待を受けた内容が衝撃すぎて、読んでいる自分まで辛くなり泣きながら読みました。 4部作あって、許す勇気を生きる力に変えてが1番好きです。 自分の人生に疲れていたのですが、希望を捨てずに今を生きようという作者の…

奇跡のリンゴ:石川拓治 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0010

【投稿者】 30代 女性 【感想】 絶対不可能と言われた、無農薬でリンゴを作ることを可能にした主人公の苦労が描かれています。当時無農薬でりんごを作ることがどれだけ大変なことだったのかが描かれています。家族を巻き込んででも、懸命に半ば頭がおかしい…