読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

P.S.アイラブユー - 私の人生に影響を与えた映画 vol.0178

 

【投稿者】

30代 女性

【人生に影響を与えた理由】

6年前、不妊治療に行き詰まり、どうして私は妊娠できないのだろうと落ち込んでいました。そんな時に、ふとレンタルして自宅で一人で観ました。ボロボロ泣きました。最愛の夫が亡くなり、亡くなったはずの夫から10通の手紙が定期的に届き、生きる希望を見出していくストーリーでした。私は妊娠することにとらわれて、大好きな夫との子供が欲しいという純粋な気持ちをいつしか忘れていることの気づきました。夫がただそばにいてくれるだけで感謝、その翌月に待望の長男を妊娠することができた忘れられない映画です。

 

【内容】

「まだ“さよなら”は言えないんだ。』
死んでしまった夫から、ある日、突然届いた消印のないラブレター。
それが、すべての始まりだった・・・・。

ヒラリー・スワンク(「ミリオンダラー・ベイビー」「ボーイズ・ドント・クライ」)、ジェラルド・バトラー(「オペラ座の怪人」「300」)主演で贈る大ヒット感動ラブストーリー。

 

【スタッフ】
原作:「P.S.アイラヴユー」セシリア・アハーン著、林真理子訳(小学館文庫刊)/監督・脚本:リチャード・ラグラヴェネーズ(『パリ・ジュテーム』『フリーダム・ライダース』『マディソン郡の橋』<脚本>)/脚本:スティーヴン・ロジャース(『ニューヨークの恋人』)/ウェンディ・フィネルマン(『プラダを着た悪魔』『フォレスト・ガンプ/一期一会』)/音楽:ジョン・パウエル(『ボーン・アルティメイタム』『Mr.&Mrs.スミス』『ジャンパー』)

 

【キャスト】
ヒラリー・スワンク(『ミリオンダラー・ベイビー』『ボーイズ・ドント・クライ』)/ジェラルド・バトラー(『300<スリーハンドレッド』『オペラ座の怪人』)/キャシー・ベイツ(『ミザリー』『アバウト・シュミット』)/ハリー・コニックJr.(『インデペンデンス・デイ』『コピーキャット』)/リサ・クドロー(「フレンズ」)/ジーナ・ガーション(「アグリー・ベティ」『フェイス/オフ』)

 

【ストーリー】
最愛の夫ジェリーを亡くし、絶望に打ちひしがれる妻・ホリーのもとに、ある日ジェリーからのメッセージが届く。それから次々と様々な方法でホリーのもとに届けられる“消印のない”手紙。最愛の夫を失った悲しみと、最愛の人に出会えた幸せをかみしめながら、友情、そして家族の愛に支えられ、ホリーは徐々に生きる力を取り戻していく……。