本棚

本や映画の情報サイト

ルパン三世 カリオストロの城 - 私の人生に影響を与えた映画 vol.0025

 

【投稿者】

40代 男性

【人生に影響を与えた理由】

1年の始まりには必ずこの映画を見ています。もう20年近くになります。当初はビデオで最近はDVDでと媒体は変わっても年明け一発目に見るものは必ずこのルパン三世カリオストロの城です。ルパンも次元も五右衛門も不二子もみんな好きなのですが、私の人生に多大な影響を与えたのはやはりルパンでしょう。もちろんアニメであり漫画の中の人物ではありますが、私の理想とする人物像がもはやルパンそのものです。泥棒なんだけど人間的には出来たやつです。私の理想です。

 

【内容】

世界的な大泥棒・ルパン三世と次元大介は、カジノから莫大な売上金を盗み出すことに成功。しかしそれは限りなく精巧に作られた偽札「ゴート札」だった。2人はこの謎を追い、偽札の出処と噂されるヨーロッパの小国“カリオストロ公国"に潜入する。 城への道中にルパンは、ウェディングドレス姿で車を爆走させる少女に出くわす。彼女は黒ずくめの男達に追われていた。追手は撃退するものの、ルパンは別の一団に彼女を連れ去られてしまう。そう、彼女はこの国の大公家最後の姫・クラリスだった。 カリオストロ公国は7年前に大公を亡くし、統治者無きこの国はカリオストロ伯爵に実権を握られていた。正式な後継者であるクラリスが伯爵と結婚させられてしまえば、この国は合法的に伯爵の手に落ちてしまう。 そして迎える政略結婚の日。偽札の謎を追って、銭形警部、石川五ェ門、峰不二子も難攻不落のカリオストロ城に集結。果たしてルパンは無事にクラリスを救い出し、伯爵の手から公国を守ることは出来るのか! ?そしてカリオストロ公国に眠る莫大な宝とは?

 

広告を非表示にする