本棚

本や映画の情報サイト

五体不満足:乙武洋匡 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0123

 

【投稿者】

20代 男性

【人生に影響を与えた理由】

小学生の頃男児平均より体重があり太っていて、それに伴いいろいろな場面で恥ずかしいと思うことがあり、次第に学校へ行くのが嫌になっていたが、父の知り合いから誕生日プレゼントでこの本を貰い、読んでいくうちに自信の悩みがバカらしくなり、本を読み終える頃には、太っているというデメリットは太っているというメリットに変えられるという意識を持つようになり且つ、太っているということは変えられないものではないという認識ができ、太っているという自分らしさというのを自覚することができ、学校生活が楽しくなり何事でも意欲的になれた。

【内容】

「障害は不便です。だけど不幸ではありません」喧嘩にスポーツ、課外活動。大勢の仲間に囲まれて、明るく楽しい“オトちゃん”の物語は、生きる勇気を与えてくれる。日本中にセンセーションを巻き起こした感動のベストセラー。

 

【目次】

第1部 幼児期・小学校時代―車椅子の王様(威張りん坊
重い扉
高木先生 ほか)
第2部 中学・高校・予備校時代―全力疾走(ドリブルの名手!?
お祭り男
ヤッちゃん ほか)
第3部 早稲田大学時代―心のバリアフリー(衝撃デビュー
宝の持ちぐされ
早稲田のまちづくり ほか)

 

広告を非表示にする