本棚

本や映画の情報サイト

時生:東野圭吾 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0117

 

【投稿者】

30代 女性

【人生に影響を与えた理由】

それまで本を読むという事に全く縁がなかった訳ではありませんでした。ある時期、主人が長い入院生活を送る事になりました。付き添いの時間はとても長く、すぐに手持ち無沙汰になりました。そこで主人の家族から本を読む事を勧められました。オススメの本を手渡され、読まなかったという事も出来ずに読んでみたらその世界に入り込みとても感動しました。当時、主人の病気が難しい病気で生死をさまようものでした。この本は同じような状況の物語ではなかったのですが心にグッとくるものがありました。それから私の読書ライフが始まりました。読書をする事は、自分の教養を深めるばかりでなく色々な体験や考え方も擬似的に体験する事ができると思います。全く本を読まなかった私の人生に大きく影響を与えたはじめの一冊です。

【内容】

時生 (講談社文庫)

時生 (講談社文庫)

 

 

「あの子に訊きたい。生まれてきてよかった?」 悩む妻に夫が語る、過去からの伝言 不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、20年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った――。過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

 

【こちらの記事もおすすめ】

www.my-bookcase.net

 

広告を非表示にする