本棚

本や映画の情報サイト

分別と多感:ジェイン・オースティン - 私の人生に影響を与えた本 vol.0054

 

30代 女性

 

父に先立たれ、相続権がないため家を追い出されてしまった女家族の物語です。主人公はまだ10代なのに分別があり思慮深く、母を助け、妹たちの良いお手本になるべく軽はずみな行動をしない地味で損してしまう存在ですが、どんな事があっても約束は必ず守る切実さと自分が悲しい時でも他人を一番に思いやる優しさを持つヒロインは女性として参考になります。ヒロインと対照的な華やかだけどちょっと軽はずみな所のある妹、美人で”うわべだけは抜群にいい人”など色々なタイプの女性が出てきますので思わず”こんな人いる!”と思わず夢中で読んでしまいます。苦手な人にも礼儀正しく接する事、人によって態度を変えない事など今でも通じるマナー教本としても影響を受けました。

 

 

「分別」のある姉エリナーと、「多感」な妹マリアン。エリナーが思いを寄せるエドワードは、ぱっとしないが誠実な青年。マリアンが激しい恋をするウィロビーは、美貌と気品を兼ね備える情熱の男性。この似合いのカップルに、それぞれ不似合いな人物が複雑に絡み、姉妹の結婚への道は紆余曲折する。19世紀英国の田園を舞台に繰り広げられる恋愛小説の傑作。

 

広告を非表示にする