読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

三国志:吉川英治 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0149

【投稿者】 30代 男性 【人生に影響を与えた理由】 文庫にして全8巻、3200ページ余りからなる大長編。約5年前に、当時付き合っていた彼女が三国志好きだったので影響を受けて読み始めました。何よりも心に残ったのは、初めは地位も軍事力も持たないが、人々…

人材というものは、これ以後生まれないのではないかと恐れれば実際に生まれないものであり、反対に、そのような心配にわずわされず断固とした処置を決行する国では、うまれてくるものであります - 本で出会った素敵な言葉 vol.0156

【投稿者】 40代 女性 【本で出会った素敵な言葉・好きな一節・感動した一文】 委員諸君、ゼンほどの人物を知れば、それを葬り去る決定を迫られて迷うのは当然であります。 しかし、わすれないでほしい。 人材というものは、これ以後生まれないのではないか…

りょ呂布だ― - 本で出会った素敵な言葉 vol.0128

【投稿者】 20代 男性 【本で出会った素敵な言葉・好きな一節・感動した一文】 りょ呂布だ― 【タイトル・著者】 「三国志演技」 【その言葉が好きな理由・感動した理由】 昔の三国志の中でも一番の武勇を誇っていた呂布がほかの敵兵にとって恐怖の象徴となっ…

むかし、ヨーロッパとアジアという2人の姉妹がいて、ひとりはキリスト教、もうひとりはイスラム教を信じていた - 本で出会った素敵な言葉 vol.00028

【投稿者】 20代 女性 【本で出会った素敵な言葉・好きな一節・感動した一文】 「むかし、ヨーロッパとアジアという2人の姉妹がいて、ひとりはキリスト教、もうひとりはイスラム教を信じていた。」 【タイトル・著者】 ジョルジュ・タート「十字軍 ヨーロッ…

ならば無能で、人が好く、愚直なだけが取り柄の者は、踏み台となったまま死ねというのか。それが世の習いと申すなら、このわしは許さん。 - 本で出会った素敵な言葉 vol.00013

【投稿者】 30代 男性 【本で出会った素敵な言葉・好きな一節・感動した一文】 武ある者が武なき者を足蹴にし、才ある者が才なき者の鼻面をいいように引き回す。 これが人の世か。ならばわしはいやじゃ。わしだけはいやじゃ。 強き者が強きを呼んで果てしな…

知覧からの手紙:水口文乃 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0018

【投稿者】 20代 女性 【感想】 この本は戦争時代の実話で、特攻隊として命を全うする男性と結婚を約束していた女性の話です。普通に出会い、2人の時間を過ごしていた2人ですが戦争が邪魔をしました。特攻隊に志願した彼と手紙でのやりとりで繋がっていた…