本棚

本や映画の情報サイト

人生は考え方1つで明るくも暗くもなる - 本で出会った素敵な言葉 vol.00044

 

【投稿者】

40代 女性

【本で出会った素敵な言葉・好きな一節・感動した一文】

人生は考え方1つで明るくも暗くもなる

 

【タイトル・著者】

植西 聰「小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉」

 

【その言葉が好きな理由・感動した理由】

この言葉は、鎌倉時代の僧侶日蓮の言葉の【それ浄土というも、地獄というも、外には候はず、ただ我らが胸の間にあり】を作者がわかりやすく表現したものです。私は、どちらかというとマイナス思考なところがありますから、つい不安になると悪い方へと考えてしまうのです。そして、勝手に落ち込んだりしていました。ところが、この言葉に出会ってから、不安な時こそポジティブに考えようとしています。おかげで、気持ちがブレて周りに迷惑をかけることが減ってきた様に感じているからです。

【本の内容】

東洋賢者の“気分転換"に学べ! 心が折れやすく、なかなか立ち直れない人に向けて、打たれ強い自分になるための考え方や習慣を、 東洋賢者100の言葉と共に紹介。

 

広告を非表示にする