読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

ターミネーター - 私の人生に影響を与えた映画 vol.0200

 

【投稿者】

40代 男性

【人生に影響を与えた理由】

はっきり言って映画としては、面白かったけど所詮B級アクション映画でしかありませんでした。 しかし、高校生の時にこの映画を見て主演のアーノルド・シュワルツェネッガーの鍛え上げられた肉体に興味を抱き、劇場で買ったパンフレットを隅々まで読みあさり彼が大学で心理学を学んでいたという情報に接して猛烈に心理学に興味を抱くようになり、心理学の本を読み漁るようになりました。 最終的に大学を受験する際に受験する学科も心理学科を選んでしまうほどになってしまいました。ある意味、私の人生に最も影響を与えた映画です。

 

【内容】

シュワルツェネッガー、T-800復帰!
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』公開記念
日本公開から30年、衝撃の第1作
デジタル特典を封入したリニューアル・ジャケットで新起動!

映画の言葉“奴は絶対にあきらめないんだ”

<キャスト&スタッフ>
ターミネーター…アーノルド・シュワルツェネッガー(玄田哲章)
カイル・リース…マイケル・ビーン(宮本 充)
サラ・コナー…リンダ・ハミルトン(佐々木優子)
トラクスラー…ポール・ウィンフィールド(宝亀克寿)
ブコビッチ…ランス・ヘンリクセン(仲野 裕)

監督・脚本:ジェームズ・キャメロン
製作・脚本:ゲイル・アン・ハード
音楽:ブラッド・フィーデル
撮影:アダム・グリーンバーグ
特殊メイクアップ:スタン・ウィンストン

●字幕翻訳:岡枝慎二 ●吹替翻訳:松田 海

<ストーリー>
未来の革命リーダーを抹殺せんがため、近未来の地球から送り込まれた殺人サイボーグ、ターミネーター! 彼は革命リーダー、ジョン・コナーの未来の母となる人物サラを探し出し、殺害するために追跡を始める。だが、そのターミネーターからサラを守るため、一人の革命戦士・リースが未来からやってきた。ガンを片手に次々と殺害を繰り返し、不死身の体で追ってくるターミネーターを相手に、サラとリースは死闘を展開するが──!