読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

少林サッカー - 私の人生に影響を与えた映画 vol.0159

 

【投稿者】

30代 女性

【人生に影響を与えた理由】

この映画のキーワードは「自信を持て!」です。ごみ収集の仕事をしている主人公が、自信が無く卑屈になっている女性に何度も伝えます。その言葉を胸に、女性は少しずつ自分の考え方を変え、新しい自分に生まれ変わっていくのです。容姿や経済状況に関わらず、自己否定をしない、希望を持って毎日を過ごす。この事は私にとっては難しいことでした。仕事や人間関係で、いつの間にか苦境に立たされることが多く、人間不信気味だったとき見た映画でした。登場人物はほとんどが怪しい強烈な個性を持っています。普段の生活から考えると敬遠したくなるような人々ばかりです。性格が歪んでいたり、変な人と思われがちな風貌。でも実はそのどれもが自分の中に潜んでいる様々な面だと気づきました。自分の中には良い部分悪い部分両方あるわけで、そのバランスをとっていくのが大切なんだと痛感しました。タイトルにあるとおり少林寺拳法とサッカーが出てきますが、それは人間模様を写すアイテムであり、「あれはサッカーではない」とサッカー好きの友人が言っていましたが、そのとおり本当のサッカーを描写したものではありません。しかし強烈な自己肯定と人間味あふれるストーリーに励まされ、現在に至るまで事あるごとに何度も見ています。

【内容】

世界初! 超弩級サッカーエンターテイメント、ニッポン上陸! 『食神』『喜劇王』のチャウ・シンチーが放つ前人未踏で空前絶後な超ド級サッカーエンターテイメント! 少林拳の普及に励む鋼鉄の脚の持ち主シンは、少林拳を広めるためにサッカーをはじめることになる。シンがスカウトしてきたのは、 かつて少林寺で共に学んだ仲間たち。鉄の硬度をもつ頭、なんでも跳ね返せる手、自由自在に空中に浮かび上がれる体など、 さまざまな得意技をもつ少林チームはあれよあれよという間に全国大会へ勝ち進み、ハイテクトレーニングや筋肉増強剤の投与で不死身と化した 宿敵デビルチームに戦いを挑むのであった!