本棚

本や映画の情報サイト

リトル・ダンサー - 私の人生に影響を与えた映画 vol.0120

 

【投稿者】

30代 女性

【人生に影響を与えた理由】

誰かに勧めるのならどんな映画?と聞かれたら、すかさずこの作品と言うくらい大好きで、この先も私の中でNO.1の作品。女子しかしていなかったバレエにのめり込んだ一人の少年とその家族の物語は、涙なしでは見られなく、何度も見ているのに同じシーンで泣いてしまいます。息子のためにプライドを捨てる父親の姿、弟の成功を喜びつつも寂しさを隠せない兄、そして親友との別れ。全てのシーンが素晴らしく、またダンスシーンが音楽と最高にあっていて、少年が踊っていると季節も変わっていくシーンはベストシーンだと訴えたいです。あまりにも作品が好きすぎて、イギリスやアメリカのミュージカル版を見に行ってしまったくらいです。作品への愛の重さを変えてくれた作品です。

 

【内容】

僕がバレエ・ダンサーを夢見てはいけないの?

【ストーリー】
イギリス北部の炭鉱町を舞台にバレエ・ダンサーを目指す少年の夢と家族の愛を描いた爽やかな感動作!

【キャスト】
ジェイミー・ベル/ジュリー・ウォルターズ/ゲイリー・ルイス/ジェイミー・ドレイヴン

【スタッフ】
監督: スティーヴン・ダルドリー
製作: グレッグ・ブレンマン、ジョン・フィン
脚本: リー・ホール
撮影: ブライアン・テュファーノ
編集: ジョン・ウィルソン
音楽: スティーヴン・ウォーベック

 

広告を非表示にする