本棚

本や映画の情報サイト

唐獅子牡丹 - 私の人生に影響を与えた映画 vol.0108

 

【投稿者】

20代 女性

【人生に影響を与えた理由】

高倉健が、まだ任侠映画をメインに活躍していた頃の一本。それまで私は、男性の本当の格好良さ、粋さと言う物をあやふやに捉えていましたが、この映画を観て、高倉健に心底痺れて一目惚れしました。と言うのも、言葉少なで不器用ながらも、誠心誠意、己の「仁義」を通す姿に、大好きな祖父の面影を垣間見たからです。激動の昭和を生き抜いた男性は、やはり今時の男性とは一味もふた味も違います。役柄とは言えども、ここまで「男が何たるか」と語ってくれる役者さんは、他には居ません。観る度に、背筋が伸びる思いです。

 

【内容】

高倉健主演で贈る任侠ロマン「昭和残侠伝」シリーズ第2作。栃木県宇都宮の石切場を舞台に、縄張りを拡張しようとする左右田組と、卑劣な仕打ちに耐える榊組の未亡人を陰で助ける唐獅子牡丹の男の戦いを描く。“<東映 ザ・定番>シリーズ”。

 

広告を非表示にする