本棚

本や映画の情報サイト

ウォーターボーイズ - 私の人生に影響を与えた映画 vol.0078

 

【投稿者】

20代 男性

【人生に影響を与えた理由】

男子高校生がシンクロナイズドスイミングを通して成長する内容の作品なのですが、私は幼い頃から水泳をしていて水泳が何よりも得意なのですが普通に生活をしていて水泳は役に立つことが本当に限られていて、もっと違うことに時間を使えばよかったなと後悔することがあったのですが、ウォーターボーイズという作品を観てまず、泳ぐことに着目しつつ男子高校生がシンクロを0からするという内容に私は本当に水泳を長いことやってきたことに誇りを持てるようになりました。それから大学を卒業後には水泳のインストラクターの職につく原動力にもなりました。

 

【内容】

無気力な日々を過ごしていた高校生の鈴木(妻夫木聡)たちは、新任女教師(真鍋かをり)の色気に乗せられて、男たちのシンクロナイズド・スイミングをやらされる羽目になる。恥ずかしさと難しさが共存する中、彼らは秋の文化祭に向け、夏休みにイルカの調教師(竹中直人)から猛特訓を受けるのだが…。 おとぼけ淡泊な味わいと、男のシンクロという奇想天外(しかし実際にあるとのこと)なアイデアがミックスした、矢口史靖監督の快作。コメディとしてのベースを保ちつつ、思春期特有の倦怠感などが真夏の水辺に映え、どこかノスタルジックな想いをほうふつさせるのがいい。またクライマックスのシンクロ・シーンはまさにスペクタクル的圧巻。女性客に大ウケしたのも実にうなづける!?(的田也寸志)

 

広告を非表示にする