本棚

本や映画の情報サイト

ノッティングヒルの恋人 - 私の人生に影響を与えた映画 vol.0068

 

【投稿者】

20代 女性

【人生に影響を与えた理由】

私の心に恋愛することの楽しさと大切さを取り戻してくれました。当時、私は女子大学に在籍していたため、大学に入学した後は、恋愛とは無縁になっていました。英語圏への留学のためにアルバイトを詰め込み、大学の講義とゼミ活動に日々を費やしていました。そいういう時に出会ったのが、このノッティングヒルの恋人という映画でした。ハリウッド女優と一般男性の恋物語で、鑑賞を終えた私は、たちまち恋愛がしたくなり、まずは身近にいる男性を、「男性」として意識し始めたことを覚えています。

 

【内容】

ジュリア・ロバーツ&ヒュー・グラント共演の90年代を代表するラブ・ストーリー

【ストーリー】
有名ハリウッド女優と平凡な男の恋の行方を、ユーモアたっぷりに描く。華やかなハリウッド女優を演じるロバーツと、どこか頼りない青年に扮したグラントがハマリ役。ウェストロンドンにある平凡な街“ノッティングヒル"。そこで小さな本屋を経営するウィリアムの店に、ある日偶然ハリウッドスターのアナ・スコットが訪れる。互いに運命を感じた2人は、やがて恋に落ちるが……。

【キャスト】
ジュリア・ロバーツ:プリティ・ウーマン (1990)、白雪姫と鏡の女王 (2012)
ヒュー・グラント:ブリジット・ジョーンズの日記 (2001)、ラブ・アクチュアリー (2003)

【スタッフ】
監督:ロジャー・ミッシェル:チェンジング・レーン (2002)、恋とニュースのつくり方 (2010)
製作総指揮・脚本:リチャード・カーティス:フォー・ウェディング (1994)、ラブ・アクチュアリー (2003)

 

広告を非表示にする