本棚

本や映画の情報サイト

クローズ - 私の人生に影響を与えた映画 vol.0009

 

20代 男性

 

クローズを見ると喧嘩をしたくなるほど熱くなれます中学のころは喧嘩をよくしていましたすぐムカついて殴ったり蹴ったりしてましたでもクローズは一方的に殴ったり蹴ったりする喧嘩ではなく友達がやられて友達を助けたりする愛情が詰まった物語だと思いますクローズを見るまでは自分がしてきた喧嘩は子供みたいな喧嘩だと思いクローズをみて喧嘩はやめました仲間はたくさんいて毎日楽しいし喧嘩で潰したらもったいないんでそれ以来喧嘩はやめました

 

 

 

伝説のコミック「クローズ」が完全オリジナルストーリーで映画化!
最凶の不良《ワル》たちの、最高の物語がブルーレイスペシャル・プライスで登場!!
伝説のコミック「クローズ」を完全オリジナルストーリーで映画化した、最凶の不良《ワル》たちの、最高の物語。
原作の主人公・坊屋春道の登場前夜、鈴蘭男子高校で史上最大の抗争が巻き起こる!!

【ストーリー】
鈴蘭男子高等学校、通称・カラスの学校。不吉な嫌われモノ=カラスのような不良学生たちが集まる、偏差値最低の男子校。
最強かつ最凶の高校として悪名を轟かせている鈴蘭であったが、不良達《ワルガキ》が多すぎてまとまりがなく、多数の派閥が勢力争いを繰り返している。
いまだかつて鈴蘭を統一・制覇したものは、誰もいない…。
現在の最大勢力は、3年の芹沢多摩雄(山田孝之)が率いる“芹沢軍団"だ。芹沢は“百獣の王"と呼ばれるほどケンカが強く、仲間からの信望も厚い。
しかし実力者が揃う芹沢軍団ですら、鈴蘭統一は容易ではなかった。そんな群雄割拠の鈴蘭に、ひとりの男が現れた。
3年の転入生・滝谷源治(小栗旬)…不可能と言われている鈴蘭制覇を狙う男。
群れることを嫌い単独行動する源治であったが、ふとしたことで知り合った鈴蘭卒業生のチンピラ・片桐拳(やべきょうすけ)と友情を深める。
そして拳のとりなしもあって、源治のもとに共に戦う強力な仲間達が集まってきた。
彼らは源治を筆頭に新勢力GPS(G源治PパーフェクトS制覇)を旗揚げする。
かくして鈴蘭の勢力図は大きく塗り替えられ、内部抗争はより一層激化していくのだった。
殴り合いでしか、語れないライバルがいる。避けては通れない戦いがある。
源治と芹沢…ついに二匹の鴉が、雌雄を決するときが来た。

【キャスト】
小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、高岡蒼甫、桐谷健太、渡辺大、深水元基、山田孝之

【スタッフ】
プロデューサー:山本又一朗
企画:濱名一哉
原作:高橋ヒロシ(秋田書店 少年チャンピオンコミックス刊)
脚本:武藤将吾
監督:三池崇史

 

広告を非表示にする