読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

県庁おもてなし課:有川浩 - おすすめの恋愛小説 vol.0041

おすすめの恋愛小説 小説 30代 女性 有川浩

 

【おすすめの恋愛小説】

有川浩「県庁おもてなし課」

県庁おもてなし課 (角川文庫)

県庁おもてなし課 (角川文庫)

 

 

【おすすめの理由】

この本のすごいところはただの恋愛小説ではないというところではないかと思います。有川浩さんは恋愛小説の達人ですが、恋愛にプレスアルファ何かを加えるのも上手な方で、今回の県庁おもてなし課は恋愛に仕事と地元愛を加えているすごいものになっているのです。登場人物の恋愛模様ももちろんのこと、そこに自分の仕事への情熱や住んでいる場所、地元に対する深い愛情を再認識するところがしっかりと描写されているので誰が読んでも楽しめるものになっています。読み始めたら面白いので案外すぐに読み切るかもしれませんね、読書の秋にピッタリでお勧めですよ。

【本の内容】

とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員の掛水史貴は、地方振興企画の手始めに地元出身の人気作家・吉門に観光特使を依頼する。が、吉門からは矢継ぎ早に駄目出しの嵐―どうすれば「お役所仕事」から抜け出して、地元に観光客を呼べるんだ!?悩みながらもふるさとに元気を取り戻すべく奮闘する掛水とおもてなし課の、苦しくも輝かしい日々が始まった。地方と恋をカラフルに描く観光エンタテインメント。

 

【投稿者】

30代 女性

 

こちらの記事もおすすめ