読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

われも恋う:堀田あけみ - おすすめの恋愛小説 vol.0030

 

【おすすめの恋愛小説】

堀田あけみ「われも恋う」

 

【おすすめの理由】

花屋さんで働く男性主観の物語です。 出てくる登場人物がみんな優しく、使われる名古屋弁も相まって妙に軽快なのに言葉がひとつひとつ沁みてきます。 物語前半はお花屋さんのお客様とのお話が進んで行き、その流れで登場人物の人となりをより深く知ることができます。 またほとんどのお話が花を絡めた話なのでそれだけでもへ~っとなる事も多いのでぜひオススメしたいです。 そして物語後半はその男性が好きな人との恋話になっていきます。 ちなみに私は最後の場面で主人公の男性がうじうじし、このままじゃ……っ!というシーンでハッパをかける花屋のお母さんのセリフが一番印象的で、いつか誰かに言ってみたいセリフナンバーワンです。

【本の内容】

アナタガ、スキデス。あなたが好きだから・愛・という言葉のかわりに花を贈った。六つの花に秘められた、六つのメッセージと恋模様。せつない想いを花に託し、綴った恋愛連作集。(小原 玲)

 

【投稿者】

20代 女性