読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

哀しい予感:吉本ばなな - おすすめの恋愛小説 vol.0007

おすすめの恋愛小説 小説 40代 女性

 

【おすすめの恋愛小説】

吉本ばなな「哀しい予感」

 

【おすすめの理由】

血のつながらない姉弟が家族から恋人になるお話で、弟は小さい頃に姉が家に連れられて来た日の事を覚えていて血が繋がっていないことは知っているのですが、姉は覚えていないので姉として接しています。しかしある時、姉の様子がおかしくなって、ふらりと家を出ていってしまったことから、姉が気付いたのだと姉に恋心を持っていた弟は後を追いかけます。どこにも居場所がないと思っていた姉が、最後居場所をしっかり見つけるので、読んだ後にとても落ち着いて安らぐ気持ちになり、たまに読み返してしまうぐらい読後感が良いです。

【本の内容】

深い緑に囲まれた古い家。おばの住むその家を訪ねた時、私の幻を追う旅ははじまる……。惨劇に消失した家族。その愛の再生を祈る姉妹の一夏を、瑞々しく鮮烈な文体で描く感動の物語。女流新鋭の大力作。

幸せな四人家族の長女として、何不自由なく育った弥生。ただ一つ欠けているのは、幼い頃の記憶。心の奥底に光る「真実」に導かれるようにして、おばのゆきのの家にやってきた。弥生には、なぜか昔からおばの気持ちがわかるのだった。そこで見つけた、泣きたいほどなつかしく、胸にせまる想い出の数々。十九歳の弥生の初夏の物語が始まった―。

 

【投稿者】

40代 女性