読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

世界をひとりで歩いてみた――女30にして旅に目覚める:眞鍋かをり - 思わず旅に出たくなる本 vol.0097

 

【思わず旅に出たくなる本】

眞鍋かをり「世界をひとりで歩いてみた――30にして旅に目覚める」

 

ブログの女王として一世を風靡し、マルチタレントとしてバラエティ番組、ニュース番組などで大活躍の著者、眞鍋かをりさん。そんな眞鍋さんの趣味は『海外ひとり旅』。10代でデビューし、電車の乗り方もろくに知らなかった眞鍋さんが、ひとり旅に目覚め、自分で行動を起こす達成感、何にも縛られない自由を経験し成長していく過程をエッセイとして一冊にまとめました。
言葉が通じない国でのトラブル、現地の人との交流、危険な経験……などなど、30歳にして初めてひとり旅を経験した眞鍋さんには、海外旅行自体が一つの「冒険」。文化の違う国での驚き、新鮮が発見が、30歳という節目にいる女性の本音とともに綴られています。iPhone、twitterなどデジタルツールを駆使して、旅のトラブルを回避してきた著者ならではの「スマホ旅術」などひとリ旅初心者に役立つ情報も満載。
「海外ひとり旅ってこんなに簡単にできるのか」と、明日にでも旅に行きたくなる一冊に。

 

【思わず旅に出たくなる理由】

なんといっても著者は非常に行動的でチャレンジ精神旺盛で、読んでいてハラハラドキドキさせてくれます。現地で美味しい料理を食べ、お酒を飲み、時には危険な目にも逢いながら一人旅を謳歌している所にとても惹かれました。私はこの本を読んで実際に一人でベトナムに旅に出ました。本に書かれていたように安全とは決して言えない国です。しかし、この本を参考にスマホをフル活用し、翻訳アプリやGoogleナビに頼りながらドキドキしつつも楽しい旅にすることができました。著者の文体も面白く読ませてくれますが、旅のお役立ち情報としても参考になる為何度も繰り返し読んでしまいます。


【目次】

第一章 女30にして、ひとり旅に目覚める
・ゼロからのスタート! 目指すはパリ ・ツアー、旅行会社を使わないという選択肢 ・納豆巻きが出発の合図 ・「できた! 」 初めてのチェックイン ・使える! 海外旅行の必需品 ・外国での散歩は人が少ない朝がおススメ ・大きな凱旋門をひとりじめ ・パリのメトロで恐怖体験 ・オペラ座を前に流れてくるのは花輪クンのテーマ? ・お約束のあの名画を見て ・現地ツアー 「モン・サン・ミッシェルとノルマンディーの小さな村」 ・「天空の城」モン・サン・ミッシェル ・超お買い得なパリの「ソルド」 ・「部屋飲み」は、旅のとっておきの楽しみ ・「どうしよう」という新しい扉を開いていきたい ・帰りの飛行機の中での悪夢
第二章 スマホ1台で旅は何倍も楽しくなる
・逆境も自分の糧にしよう ・四日間の休み。選んだ目的地はベトナム ・やられた! ! ぼったくりタクシーの洗礼 ・海外の街歩きに強い味方 iPhoneのおススメアプリ ・その国のお酒を昼から飲む楽しみ ・究極の「客引き撃退法」 ・ドンキホーテをはるかに凌ぐ! ? ビンタン市場 ・ベンタイン市場は、かわいい雑貨の宝庫! ・「ア・イ・シ・テ・ルのサイン~♪」 ・ベトナムの「庶民の味」を堪能 ・ベトナムででフランス料理! ? ・初めての英語での電話予約 ・高級スパで束の間のセレブ気分 ・また一つ上がった旅の戦闘能力! ?
第三章 「自由」じゃなければ旅じゃない
・旅の目的は二つに絞る ・真っ暗な丘の上に浮かびあがったものは…… ・水シャワーで凍え死ぬ ・30分で観光スポットを「美味しいところ取り」 ・アクロポリスから、異世界へ ・街歩き、そして念願の「サガナギ」 ・現地で予約するホテル ・新婚旅行用の部屋に、ひとりで泊まる ・恐怖の「クラブタクシー」 ・トランジットのアムステルダムで弾丸観光 ・年齢から自由になる人生
第四章 危険な目にも遭いました……
・「親日の国」 トルコへ…… ・イスタンブールの地下に悪戦苦闘 ・「ハーレム」の元祖! ? ・ドラクエ実写版! ? 地下宮殿 ・「チャイ、飲んでいきませんか?」という危うい誘い ・女性を惑わすイスタンブールの現実 ・ローカルな香り! エジャプシャンバザール ・海辺で食べるB級グルメ 「サバサンド」! ・iPhoneをガイド代わりに宮殿観光 ・おじさんと裸の付き合い! ? ・旅にトラウマは残さない ・新市街は、街歩きにぴったり
第五章 フォロワーが救ってくれた窮地
・ホテルも決めずに、思い立ったら即出発! ・「ツイ旅」の始まり! ! ・朝のサンタモニカで人助け ・海には癒し効果があるみたい ・衝撃! ! リトルトーキョー"なのにすごいアウェー感 ・1枚しかないクレジットカードが使えない! ? ・ほろ酔いワイナリーツアー ・「アーモンドシャンパン」を初体験 ・ハリウッドは……遠い! ? ・そしていよいよ、グランドキャニオンへ……! !

【投稿者】

30代 女性