読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

深夜特急:沢木耕太郎 - 思わず旅に出たくなる本 vol.0090

思わず旅に出たくなる本 旅・旅行・紀行文 40代 女性

 

【思わず旅に出たくなる本】

沢木耕太郎「深夜特急」

 

インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行く――。ある日そう思い立った26歳の〈私〉は、仕事をすべて投げ出して旅に出た。途中立ち寄った香港では、街の熱気に酔い痴れて、思わぬ長居をしてしまう。マカオでは「大小(タイスウ)」というサイコロ賭博に魅せられ、あわや……。一年以上にわたるユーラシア放浪が、いま始まった。いざ、遠路2万キロ彼方のロンドンへ!

 

【思わず旅に出たくなる理由】

若かりしとき、社会の中での自分の位置がつかめずにいました。私は何者で、どこに行こうとしているのか。そんなときに読んだのが、「深夜特急」でした。たった一人で、少ない資金で、アジアを放浪する主人公。安宿に泊まり、現地の人に騙されたり助けられたりしながら、次の目的地に進んでいきます。今日何をしようが、次にどこに向かおうが、自由な日々。旅の過程では、自分の人生をすべて自分で決めることができます。私も、アジアに行きたい。香港やタイやインドの喧騒にまみれたい、と強く思いました。


【目次】

第1章 朝の光―発端
第2章 黄金宮殿―香港
第3章 賽の踊り―マカオ
対談 出発の年齢(山口文憲・沢木耕太郎)

【投稿者】

40代 女性