読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

ダ・ヴィンチ・コード:ダン・ブラウン - 思わず旅に出たくなる本 vol.0065

思わず旅に出たくなる本 旅・旅行・紀行文 小説 40代 女性

 

【思わず旅に出たくなる本】

ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」

 

ルーヴル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。死体はグランド・ギャラリーに、ダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を模した形で横たわっていた。殺害当夜、館長と会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンは、警察より捜査協力を求められる。現場に駆けつけた館長の孫娘で暗号解読官であるソフィーは、一目で祖父が自分にしか分からない暗号を残していることに気付く……。

 

【思わず旅に出たくなる理由】

美術に特に詳しく無い人でも、直ぐわかる美術館や美術作品がふんだんに本の中に登場するので、本を読んでいる最中から映像が頭の中に写し出される感覚がありました。 観光ガイドを手に観光した美術館や美術作品を、今度は虚構の世界ではあるものの、小説の中の他人の目と他人の考えで見てみたくなり、実際に小説の舞台のパリに行ってみました。 過去に訪れたはずの場所でも、新たな切り口で感じたり、考えたりする事が出来て楽しかったです。

 

【投稿者】

40代 女性

 

【こちらの記事もおすすめ】

bookcase.hatenablog.jp