読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

「衝動買い」が止まらない!:金子哲雄 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0191

 

【投稿者】

30代 男性

【人生に影響を与えた理由】

私がこの本の影響を受けたのは、テレビなどで流通ジャーナリストとして活躍された金子哲雄さんが、人生の集大成として、日本を不況から救い出してほしいという希望を込めて書かれた本だからです。金子さんがこれまで培ってきた知識や、知恵や、高すぎるほどの見識が凝縮されており、売り上げが伸びないお店などにとって、たくさん学べることが書いてあります。ついで買いや、人間の五感に訴えかけるマーケティングや、陳列の仕方など、多岐にわたるフルコースメニューを味わうことができます。内容自体は、中学生でも分かるように書いてあるので、手にとって読まれると、どのような立場の人でも、目が肥えて、必ず損をしない一冊になっています。

【内容】

<衝動買い←「需要創造」こそが不況脱出の鍵となる! >

皆さんは衝動買いをしたことがありますか?
実は私は、衝動買いが大好きです。
流通ジャーナリストである私は、世の中で流通しているさまざまなものの価格を調べることも仕事のうち。
スーパーマーケットやコンビニエンスストア、家電量販店などの小売店に日参して、さまざまな商品とその価格に触れている中で、
「あ、この商品を買えば、このように仕事につながるな」「この商品、とてつもなくお得な価格ででているぞ。買わなきゃ損だ」
などと考え、次の瞬間には購入してしまうのです。

ではいかにして顧客に衝動的に「買いたい! 」と思わせるか。
“つい"“思わず"買ってしまう売場、商品は、他とどこが違うのか。
明日からでも実行できる需要創造のノウハウがこの1冊に丸々詰まっています。

■テレビでは語られなかった「流通ジャーナリスト」金子哲雄の集大成
「皆さんの手で、ぜひ日本を、不況の闇から救い出してください」(本書より)

 

【目次】

序章 現代の買物の7割は衝動買い
第1章 衝動買いする顧客を科学する
第2章 需要を創造する売場をつくる
第3章 「衝動買いマネジメントの上級店」に学ぶ
第4章 需要創造マネジメントのケーススタディ