読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

ブレイブ・ストーリー:宮部みゆき - 私の人生に影響を与えた本 vol.0179

私の人生に影響を与えた本 小説 40代 女性 宮部みゆき

 

【投稿者】

40代 女性

【人生に影響を与えた理由】

この本の中に出てくる、生きるということは「喜びがある限り、悲しみがある。幸福がある限り、不幸もある」という言葉に感銘を受けました。本当に当たり前のことなのですがなかなか気づかず、この本に出会う前までの私は、打たれ弱く少しの困難にでもすぐに後ろ向きになったり、嫌なことには必要以上に落ちこんだりしていました。この本を読んでから、「つらいな」と感じる時でも「でも、嫌なことばかりではない。もうちょっと頑張ってみれば今度は楽しいこともあるはず!」と心から思って頑張ることができるようになりました。

【内容】

ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)

ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)

 

 

おだやかな生活を送っていた男の子に、突然、両親の離婚話がふりかかる。家を出た父を連れ戻し、再び平和な家族に戻りたいと強く願う少年が向かった先は、運命を変えることのできる女神の住む世界「幻界(ヴィジョン)」だった。5つの「宝玉」を手に入れ、女神のいる「運命の塔」を目指す彼を待ち受けるものとは!? トカゲ男にネコ娘、火を噴くドラゴン。コミカルなキャラクター勢とともに、次々と沸き起こるトラブルを乗り越え、少年は強くたくましくなってゆく。 現代社会の歪みを浮き彫りにしたクライム・ノベルから、下町情緒あふれる時代小説まで、さまざまなジャンルにおいて高水準の物語を生み出してきた著者が新たに挑んだ作品。それは、上下巻あわせて2300枚にも及ぶ壮大なスケールで描かれた冒険ファンタジーである。 名実共に日本を代表する著者は、子ども時代のように空想の世界を素直に受け入れられない大人の読者のために、周到なお膳立てを忘れない。まずは、上巻の半分を占める現実世界の描写。幽霊を信じないほど「マジメでカチカチ」で、両親のいいつけに反抗できない「いくじなし」である小学5年生のワタルが、「運命を変えたい」と切実に願うまでに至る日常を丹念に描くことで、読者を主人公の気持ちに感情移入させるのだ。さらに、「幻界」の設定が効いている。「『幻界』とは現世に住む人間の想像のエネルギーが創り出すもの」であるため、ワタルが大好きなロール・プレイング・ゲームのシリーズに登場する舞台やキャラクターに似ていて当たり前。ファンタジーが苦手でもこれなら頷ける。子どもがゲームに影響された夢を見ているのだと。しかし、一旦「幻界」に入り込むと、これら現実的感覚が揺らぎ始める。 次から次へと現れる愉快な登場人物とドキドキハラハラのハプニング、そして感動の出会いと別れ。流れるようなストーリー展開に、カチカチの大人もいつしか幻の世界を行く「旅人」となる。(冷水修子)

 

【こちらの記事もおすすめ】

www.my-bookcase.net