読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚

本や映画の情報サイト

小さな恋のものがたり:みつはしちかこ - 私の人生に影響を与えた本 vol.0154

 

【投稿者】

40代 女性

【人生に影響を与えた理由】

まず この本に出会ったのは中学生の頃、姉が家に置いていた事です。何となく手に取り中身を見ました。それは、所々ポエムが記されてる少女漫画風の絵ではないものの可愛いらしく描かれた漫画でした。短時間で、その本に引き込まれていきました。その数日後 学校でポエムを書くという授業をしていたのですが、先生が変わったポエムがあるので読みますと読み始めたのですが、そのポエムは自分の書いたものだったのです。普通 中学生と言えば国語の教科書に載っているようなポエムというか詞を書くものなのですが、その本に影響された自分は、みつはしちかこさんの様なポエムを書いていたのです。例えば、風の匂いだったり、草花が季節を教えてくれたりする様な普段 人があまり感じない様な純粋で素直な感じのものが その本の中のポエムには書かれているのです。連載は長く自分の年より上の52年間 続いて終わりを迎えました。今でも時々その本は読んでいます。それを読むと落ち着いた気分になり優しい気持ちになれるのです。

【内容】

50年という年月を越え愛されている、チッチとサリーの淡い片恋を描いた叙情まんが。ファン待望となるこの復刻版は初期の2巻を一冊にまとめて合本化している。二人の出会いや、初めてのデートなど、小さな恋のはじまりが描かれている。