本棚

本や映画の情報サイト

コーラン:アッラー - 私の人生に影響を与えた本 vol.0124

 

【投稿者】

30代 女性

【人生に影響を与えた理由】

今、国際結婚をしてイスラム圏に住んでいます。 人生にいいことや思いやりや善意のある選択ができるように何歳になってもどこへ行って暮らし始めてもゼロから学ばないといけないと思うのですが、今生活している場所やパートナーの宗教などで毎日、自分にとってとっても必要なのがコーランです。 よく旦那さんが読んで教えてくれます。 子どもの頃は毎週日曜日の朝にお寺に行って日曜学校とかで仏教について学び、高校はアメリカに留学していて教会に日曜は礼拝に行っていて、お経が書いてある本や聖書みたいにコーランも生活の流れ、すべての元になっている本なので、年中行事とか宗教とかすごく実生活に影響があると思います。

【内容】

預言者マホメットの口を通して語られた神のことば―断続的に下された啓示を、第三代カリフ・オスマーンが集積・編纂させて聖典は成立した。以後、『コーラン』解釈の発展史がイスラーム文化史を形成してきたといえる。

 

【目次】

1 開扉―メッカ啓示、全七節
2 牝牛―メディナ啓示、全二八七(二八六)節
3 イムラーン一家―メディナ啓示、全二〇〇節
4 女―メディナ啓示、全一七五(一七六)節
5 食卓―メディナ啓示、全一二〇節
6 家畜―メッカ啓示、全一六五節
7 胸壁―メッカ啓示、全二〇五(二〇六)節
8 戦利品―メディナ啓示、全七六(七五)節
9 改悛―メディナ啓示、全一三〇(一二九)節
10 ユーヌス(平安その上にあれ)―メッカ啓示、全一〇九節

 

広告を非表示にする