本棚

本や映画の情報サイト

田中角栄100の言葉:別冊宝島編集部編 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0103

 

【投稿者】

60代 女性

【人生に影響を与えた理由】

これまでこの人物が抜きんでてリーダーシップを発揮し、日本を引っ張った、強い牽引力と意思を持った人だとの認識はあったが、 本書を読み進めてゆくうちに、実に義理に厚く愛情深い、魅力あふれる人であること、頭の回転が速く機動力を持ち合わせた人物だと改めて感じ入り、 もっと若いうちに知って当時の情勢をきちんと理解し、人物の観察もしてみたかったと思う。 最近の書であり、これでいまさら自分の人生観が変わったわけではないが、生き様、生き方に対して本気で考えるきっかけを与えられた衝撃の1冊だと心に重く響くものがあったので紹介した。

【内容】

不世出の政治リーダーとして、日本人に鮮やかな記憶を残した田中角栄。 その言葉とふるまいは、世界の要人から雪国の庶民まで、あらゆる人間を魅了し続けた。 時代を超えて語り継がれる人間・田中角栄の「人生と仕事の心得」を厳選した100の言葉で伝える。 また、時代を映す角栄の秘蔵写真を言葉の数に合わせて収録。日本人必読の「座右の書」。



【目次】

1章 仕事(まずは結論を言え 伝説の蔵相就任演説 ほか)

2章 人生(勤労を知らない不幸 二重橋を渡る日 ほか)

3章 生きる(人生の「間」 臭い飯 ほか)

4章 政治(雪との戦い 橋をかける ほか)

広告を非表示にする