本棚

本や映画の情報サイト

新宿鮫:大沢在昌 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0074

 

【投稿者】

10代 男性

【人生に影響を与えた理由】

新宿鮫とは大沢在昌が書いたハードボイルドな刑事物で内容はとても難しいが、新宿所や新宿周辺で起こる事件や暴力団や薬物組織捜査中に起こる数々の事件を主人公である刑事が追ったり、また、現代は複数人がチームを組んで捜査するという概念を壊すためにキャリア組で珍しく一人で捜査する信念を貫いていく物語である。 この物語は難しい用語が沢山出てくるので読むのに大変苦労する、しかし深く読むことで登場人物の心情がよくわかりより面白くなる。 この物語を読むまでは「本」というもの自体あまり読むことがなく興味はなかったが、この本を読むことにより、小説の面白さを知り本を読むようになった。

【内容】

ただ独りで音もなく犯罪者に食らいつく―。「新宿鮫」と怖れられる新宿署刑事・鮫島。歌舞伎町を中心に、警官が連続して射殺された。犯人逮捕に躍起になる署員たちをよそに、鮫島は銃密造の天才・木津を執拗に追う。突き止めた工房には、巧妙な罠が鮫島を待ち受けていた!絶体絶命の危機を救うのは…。超人気シリーズの輝ける第一作が新装版で登場!!長編刑事小説。

 

広告を非表示にする