本棚

本や映画の情報サイト

永遠の0:百田直樹 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0067

 

30代 女性

 

戦争体験のお話はたくさんありますし、他にも読んだことはありますが、この本はとても誠実な日本人を特に描いているように感じました。そして、戦争の残酷さと見たこともない景色が頭の中に広がり、本当に二度と戦争は起きてほしくないと感じました。世界のどこかでこの本と同じようなことが日々起きていると思うと、本当に日本の今の時代に生きることができるだけで幸せなことで、そのことを忘れないように、そして世界が平和になるように、何かできないかと強く感じさせられたからです。

 

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

 

広告を非表示にする