本棚

本や映画の情報サイト

結婚のずっと前:坂之上洋子 - 私の人生に影響を与えた本 vol.0011

【投稿者】

30代 女性

 

友人が薦めてくれて読みました。作者の坂之上洋子さんはグローバルに仕事をする中で、国籍は違ってもみんな同じような悩みを抱えているんだなと感じたことから、この本を書かれたそうです。恋愛や結婚についての悩みに対してどう向き合うかという事が主に書かれていますが、その内容がとても愛情深くて、相手を大事にしよう、幸せになろう!と思えてきました。結婚のずっと前というタイトルですが、結婚した今もたまに読み返して気持ちを改める大事な本です。

 

 

ファッションモデル・小泉里子さん絶賛! 心地良い優しさに包まれながら、素直に自分と、そして恋愛に向き 合える、そんな本です。 こんな素敵な言葉が詰まったこの本に出会えたあなたはもうすでに 幸せかも! 「辛い時って、実はすごく貴重 一番色んな事を吸収してるきっと心が(スポンジみたいにふわふわな)状態なんだよね」「凜とひとりになれるって強さ その強さにひとは惹かれるんだと思う」「失敗したり間違えたり正しくないとわかっても気持ちが止められなかったりまわり道したり でも その時々でそれでも誠実であろうと もがいているのが 大事なんだと思う」 2007年「Newsweek」誌「世界が認めた日本人女性100人」に選出された坂之上洋子による、恋愛・結婚に関するメッセージ集。 人気カメラマン・野寺治孝の美しい写真も併録。 時には優しく包み込んで背中を押し、時に考えさせる厳しい言葉の数々。そのフレーズ、単語の一つ一つが胸に静かに届き、心を揺さぶります。 「私は、シカゴ、ニューヨーク、北京、東京に住んだ経験があります。いろんな業種の沢山の友人ができました。 そんな生活の中、国や文化が違うひとたちでも『結婚について悩んでいること』が案外同じであると気がついたのです。 そんな誰もが悩む、普遍的で、でも意外に知らないことや、知っておくといいだろうなぁと思ったことをTwitterで たまにつぶやいていたところ、非常に多くの反応がありました。 中でも嬉しかったのが、『小さなヒントなのに、衝撃的に幸せになれた』という返事。 この本が、結婚を考えている人や、すでに結婚してる人の何かポジティブな行動の(きっかけ)になれれば、とても嬉しいです。」

 

はじめに

凹んだ時
出会う前に
つきあう相手
愛の取り扱い
ふたり
幸せ

 

広告を非表示にする